外国人雇用・就労ビザ

人手不足が深刻化する中、外国人を雇う事業所も増えてきています。しかし、外国人雇用する際は注意が必要です。外国人が日本で働く場合、「就労ビザ」が必要で、それなしに働くと、働いた外国人のみならず雇った事業所側も処罰されるからです。就労ビザのあるなしは、外国人が常時携帯しなければならない「在留カード」に記されています。たとえ、留学生をアルバイトで雇う場合であってもその外国人が日本でどのような活動が認められているのか、きちんと確認すべきです。

また、外国人を雇用できる事業所もあれば、雇用そのものができない事業所もあります。外国人は職種も限定されています。それら“外国人雇用のルール”はしっかり把握しておかなければなりません。「そんなことは知らなかった!」ではすまされないのが実情です。

行政書士 たにぐち事務所では、外国人雇用に関するあらゆるご相談に対応しています。
「うちで外国個人が雇えるのか知りたい」
「外国人を雇いたいがどこに相談すればいいかわからない」
「人手不足だが外国人雇用には抵抗がある」
「まずはアルバイトから雇いたい」
「外国人を雇っているがビサのことがよくわかっていない・・・」
このような疑問や不安にすべて対応いたします。在留資格の申請もアオンラインの流れが広がり、当事務所では全国の事業所さまをサポートさせていただくことができます(一部オンライン申請不可の在留資格あり)。

オンライン相談(ZOOM)受付中!!
まずはお電話か、メールでご連絡ください。

   ☎0745-32-0678 又は 090-2382-4217